イメージ画像

引越費用を安くするコツ

引越しには予想以上にお金がかかりますよね。 新しい部屋の敷金礼金、買い替えの家具やカーテンと、出費がかさんでしまいます。 なるべく引越費用を安く抑えることができたらいいですね。

引越費用を安く抑えるコツは、まず引越の時期を選ぶことです。 引越しシーズンと言われている3月から4月にかけては避けた方がいいでしょう。 この時期は引越が多いので、家賃や敷金、礼金等の値下げは期待できません。 反対に引越しのオフシーズンであれば、部屋が長く空いている可能性が高くなるので、不動産会社やオーナーさんも値下げ交渉に応じてくれることがあります。

また引越業者についても同じで、引越しシーズンは予約が多いので費用も高く設定されていますが、オフシーズンは比較するとかなり安い料金設定になっています。 もしどうしても引越しシーズン中に引越しをしなくてはならない場合、平日にすると少しは安くなります。 引越しシーズンの中でも引越しが多い土日祝日に合わせて作業員を確保しているため、平日であれば作業員を余らせないように、少しは料金の値引きにも応じてくれるでしょう。 引越業者のホームページに、料金カレンダーが掲載されているところもありますので、事前に調べてみるといいですね。 引越しをする時間帯も朝一番が人気なので、もし時間に余裕があるなら午後便やフリー便にすると、比較的料金を抑えることが可能です。

引越業者選びのコツ

引越業者を選ぶときに何を基準に選んでいますか。 多くの人は大手の引越業者の中から選んでいるでしょう。 テレビCMの好印象なイメージがあるからかもしれませんね。 でも本当にそれだけで選んでいいのでしょうか。

引越業者を選ぶコツとして、まず料金を比較しましょう。 引越しが決まったら、引越業者に見積もりを依頼するでしょうが、必ず数社の見積もりを取って比較しましょう。 インターネットを使えば、簡単に多数の見積もりが一括して取得できるので便利です。 そこから、料金が安く、親切丁寧な業者をいくつか選んで、実際に見てもらって細かい見積もりを出してもらいましょう。 料金ばかりを重視して、作業員の人数が少ない引越業者にお願いしてしまうと、引越作業に相当時間がかかるでしょうし、 アルバイトばかりの業者では技術力も不安です。 見積もりの際には、そのあたりのことも確認しておくと、判断材料としていいですね。

特に引越荷物に高価なものが多い場合や、破損が許されない美術品などがある場合には業者選びに注意が必要です。 そのような場合は料金は高くなっても、作業の技術力に定評のある大手の引越業者に依頼すると安心でしょう。 万が一の場合にも、大手でしたら対応ができるはずです。 逆に貴重品がほとんどない単身者などは、小規模な引越業者や地元の業者に依頼すると料金も安くていいでしょう。 業者によって付帯するサービスも違いますから、よく検討してから決めるようにしましょう。

引越しの際の掃除のコツ

引越しの際には、たいてい荷物を出した後に掃除をしますよね。 長く住んでいるほど、汚れも溜まっているでしょうから、予想以上に苦労するものです。 掃除のコツを知って、引越しの際に少しでもラクに掃除を済ませましょう。

まず引越しが決まったら、台所やお風呂場の掃除は早めに取りかかりましょう。 水回りは水垢やカビなどが案外しつこく、掃除に時間がかかってしまう場合もあります。 ベランダは忘れやすい場所でもありますので、前日までに済ませるといいでしょう。 デッキブラシなどでこすらなくても、ほうきでさっと履くだけで十分きれいになります。 また普段掃除することがない洗濯機の下などは、ほこりや汚れが相当溜まっているでしょう。 ただ洗濯機を搬出してからでないと掃除できない場所なので、搬出後にすぐに取り掛かれるよう準備だけしておきましょう。 捨ててもいい雑巾やボロ布を用意しておくと手早く掃除ができて便利です。

部屋の掃除は大まかに一通り掃除機をかければ問題ないでしょう。 ピカピカにする必要はありません。 あまり念入りに掃除をしていては、新居への引越し作業が遅れてしまいます。 退所後にはたいてい専門のクリーニング業者が効率よくきれいに掃除をしてくれるので、そちらに任せればいいのです。

引越しの荷造りのコツ

引越しの際の荷造りは苦労しますよね。 荷造りをスムーズに進めるコツはあるのでしょうか。

引越しが決まったらすぐに始めたい荷造りですが、仕事が忙しいとなかなか取り組めません。 引越し前夜に徹夜で荷造り作業をするなんていうことがないように、引越当日の2週間前くらいからは始めたいものです。

荷造りは、普段使わないようなものから取りかかるといいでしょう。 シーズンオフの衣類などから始めるとスムーズに作業ができます。 荷造りが進み、段ボール箱がいっぱいになると作業にも生活にも支障があるので、事前に段ボール置き場を決めておきましょう。 ひとつの部屋を段ボール置き場と決めて、きれいに積んでいくと作業が捗ります。 段ボールを運びやすく、また積みやすいように、軽いものは大きな箱に、重たいものは小さな箱に詰めるようにしましょう。 もし詰めた段ボールに隙間がある場合には、中身の破損を防ぐためにも新聞紙等で隙間を埋めましょう。

大型の家具や家電は引越業者が専用の資材で梱包してくれますので、そのままにしておけばいいでしょう。 引き出しなどの中身は出しておくのが基本です。 ただクローゼットの中身など、ハンガーにかけたまま運んでくれる業者もありますので、事前に確認しておくといいですね。

段ボール箱には詰めたものを大まかに記入しておくと荷解きの際に便利です。 引越し先ですぐに使いたい食器などの台所用品や、お風呂用品などは目立つ印をつけておくといいでしょう。

このページの先頭へ