イメージ画像

不用品は粗大ごみに出すべき?それとも売るべき?

引越しをするときに不用品の整理を考えますよね。 何年も使っていないものや新居にそぐわないものは引越しを機会に処分したいものです。

不用品を粗大ごみの回収に出すのか、リサイクルショップに売った方がいいのか迷うところですね。 状態が良く、まだ使えそうなものは、まずリサイクルショップに相談してみるといいですね。 たいしたお金にはならないかもしれませんが、引越費用の足しになります。 もしかしたら予想外に高い金額で買い取ってもらえることがあるかもしれませんね。 それに買い取ってもらえば、ごみを減らすことにもつながるのでいいでしょう。 状態が悪い場合には逆に引き取り料が必要なこともありますので注意しましょう。

不用品を粗大ごみ回収に出す場合には、自治体によっては費用がかかります。 また粗大ごみに出せるものの種類、回収日、回収場所もそれぞれの自治体によって違いますので事前に確認しましょう。 地域によってはごみ処分場まで直接持ち込みできる場合があります。 引越しでたくさんの不用品が出る場合は、持ち込み処分を検討してもいいでしょう。

処分料金はかかりますが、粗大ごみの回収処分を行ってくれる専門業者もあります。 こちらを利用すると、希望の日に引き取りに来て運んでくれるので、とても便利でしょう。 依頼する引越業者によっては不用品の処分や買い取りサービスがある業者もあるので、そちらも確認しておきましょう。 もし引き取ってもらえない場合でも、処分方法などの詳しいアドバイスが期待できます。

単身の引越費用の相場はいくらぐらい?

入学、就職、転勤などでの単身の引越しは、家族での引越しと違って荷物も少なく、荷造りにもそれほど労力はいらないでしょう。 そんな単身向けの引越パックプランが多数の引越業者から出ています。 単身の引越費用の相場は、トラック1台、作業員2名程度、100km以内で5万円前後が目安です。

荷物の量を把握していれば、それに合った単身パックを利用すると、費用も安く済みます。 荷物の量が少なければ、業者によっては1万5千円ほどで引越しできるプランもあります。 安いプランで引越しするなら、荷造りは自分で行うことが基本です。 ですが単身者はそれほど荷物も多くないと思いますので、大変な作業にはならないでしょう。

引越費用を安く抑えるためには、まず数社の見積もりを取って比較するといいでしょう。 インターネットでしたら簡単に一括して見積もりを依頼することができます。 単身の荷物でしたら、入力した荷物量と実際の量にたいした差はないと思いますので、ネットでの見積もり料金と実際の見積もり料金に大きな違いは出ないでしょう。 見積もりが出たら、業者に他社の見積もりを提示して交渉をすると、値引きしてくれることもあります。 不動産会社の紹介してくれる引越業者や、地元の引越業者は比較的費用が安いので、そちらを利用してもいいですね。 それなりに値引きがあり、かなりお得になることもあります。

ただ価格ばかりを重視しすぎて、作業の質の悪い業者に頼むのも心配ですね。 家具や荷物を雑に扱われて、破損してしまっては困りものです。 引越しの作業員にはたいていアルバイトが含まれていますので、万が一の時は補償も視野に入れなくてはいけません。

価格だけでなく技術力なども考慮して引越業者を選ぶといいでしょう。

家族の引越し費用の相場はいくらぐらい?

家族で引越しをする際、引越し費用はいくらぐらいかかるのでしょうか。

引越しには予想以上にいろいろとお金がかかりますよね。 ですから引越業者にかかる費用はできるだけ抑えたいですね。

引越し費用は荷物の量や、部屋の間取り、移動距離によって大きく違いがあります。 また期日によっても違ってくるでしょう。 引越費用は使うトラックの大きさや、動員する人数でも変わります。 また戸建かマンションか、マンションであれば何階建ての何階か、エレベーターがあるかなどによっても違います。

ですので一概に言えませんが、家族4人、間取り4LDK、移動距離100km以内の引越を作業員3人で行った場合、15万円ほどが目安です。 東京から大阪というように、長距離の引越は、25万~30万程度が目安です。

実際には業者の人に来てもらい、正確な見積もりを取らないとはっきりした金額はわかりません。 地元の引越業者や不動産会社が紹介する業者は比較的費用が安いようです。

単身であれば、見積もりが必要なく安い料金で設定されたプランがありますが、家族の引越の場合には基本的に見積もりが必要です。 最近ではインターネットでも簡単に見積もりを出すことができます。 数社一括で見積もりが依頼できるサイトもありますので、それを利用して比較するのもいいでしょう。 ただインターネットでの見積もりは、入力した荷物の量と実際の荷物の量に大きな違いがあった場合、料金が変わることもありますので注意しましょう。

引越し会社の見積もりは一括でした方がお得?

引越しの際に見積もりをお願いしますよね。 今はインターネットを使うと、簡単にたくさんの業者の見積もりを一括して出すことができます。 一括見積もりで出すと、料金は安くなるのでしょうか。

たいていの人は見積もりの中から、料金の安い業者に決めるでしょう。 それを業者側もわかっているので、一括見積もりでは、比較的安い料金が提示されます。 手間が省けるだけでなく、料金も抑えられるのが一括見積もりのメリットと言えるでしょう。

見積もりよりもっと安くしたいのであれば、価格を交渉してみるといいでしょう。 まず見積もりの中から、候補を数社に絞ります。 その中で一番安い見積もり額を他社に提示して交渉するのです。 すると提示した料金よりも、安い料金が提示されることが多々あります。 そこで即決してもいいですし、最初に一番安かった業者と、またその料金を提示して交渉すれば、さらに安くなることもあります。 値引きができない場合は、その時点で諦めて、一番安くなった業者を選択すればいいのです。

見積もりは他と比べて安くないけれど、サービス内容などでこの業者がいいというのがある場合も、他社の安い見積もりを提示してみるといいでしょう。 他社より安くなるかはわかりませんが、ある程度の値引きは期待できるかもしれません。

引越しは費用もかかりますし、十分納得した上で契約をするようにしましょう。 一括見積もりを使って、業者を競合させ、お得な料金で引越しをしたいですね。

引越しシーズンっていつのこと?

「引越しシーズン」という言葉を耳にすることがありますが、実際にはいつ頃のことを言うと思いますか。

たいていの人が想像する通り「引越しシーズン」は3月から4月にかけての春先です。 この時期は入学や就職で一人暮らしを始める人も多いですし、年度替わりで転勤者も多いです。 また学校に通う子どもがいる家庭では、やはり年度末を待ち、新学期に合わせて引越をすることが多いようです。

この「引越しシーズン」は不動産会社の予約もいっぱいで、空いている賃貸物件を探すのも大変です。 ただ逆に転出者も多いわけなので、いつまでたっても空き部屋が見つからないということはないでしょう。 ただ物件にこだわりのある人は、引越しをする可能性が出てきたときには、早めに不動産会社を回り物件の目星をつけておくといいでしょう。 そして引越しをすることが確実に決まったら、すぐに手続きをすることが肝心です。 この時期はのんびりしていると、ほかの人が手続きしてしまい、希望の物件を契約できないこともよくあるのです。

また「引越しシーズン」での引越しは、引越業者の予約も早めに済ませる必要があります。 引越件数が多いので、余裕を持って予約をしないとなかなか希望の日程で取ることはできません。 日程を調整できるように、いくつか候補の日にちを考えておくといいでしょう。

引越しは人生の中での一大イベントです。 気持ちよく引越しをするためにも、早め早めの準備が肝心だと言えるでしょう。

このページの先頭へ