イメージ画像

引越しをしたら何をすればいい?

引越作業は業者にお願いすることがほとんどでしょう。 引越しする場所によっても違いますが、引越先へは業者よりも自分の方が先に着く場合が多いようです。 引越先についたら、やることがたくさんあります。 新居に到着して、感傷に浸っている暇はありません。

まず引越先へ着いたら、窓を開けて換気をしましょう。 家の中はハウスクリーニング済みのはずですが、一度拭き掃除をしましょう。 床は案外汚れていることが多いのです。 また家具などの配置は作業がスムーズに進むように、再度確認して決めておきましょう。

家の中の点検も忘れずに行いましょう。 水回りやドア、窓など新居の設備に不具合がないかを確認し、必要なら写真で記録をしましょう。 もし不具合のあるところがあれば、不動産会社に連絡を取り、修理を依頼するようにします。

引越業者が作業を始めると近隣に迷惑をかけますから、業者の到着前にご近所への挨拶を済ませておくといいでしょう。 作業が終われば荷解きが待っています。 たくさんの段ボールから荷物を出し、整理していくのはとても労力がいります。 まずは最低限の生活ができるようにすることが大切です。 生活に必要なものから順番に荷解きをしていくといいでしょう。

それから手続き関係も忘れてはいけません。 住民票の移動や、公共料金の手続き、銀行などの住所変更も必要です。 ガスは開栓時に立ち合いが必要になるので、早めに連絡して日程を調整しておきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ