イメージ画像

引越したら、ご近所への挨拶は必要?

引越しをすると、ご近所付き合いは気になりますよね。 単身者であれば付き合いも少ないですが、子どものいる家族であれば、近隣との付き合いも多いでしょう。 引越しをしたとき、ご近所への挨拶はどうしたらいいのでしょうか。

引越しをしたとき、近所にどんな人が住んでいるか気になりますよね。 挨拶に行けば、どんな人かがわかりますし、それで親しくなれば以後の生活にもいいはずです。 しかし、最近では引越しの挨拶に来られることを良く思わない人もいます。 どんな人かわからないところへ、挨拶に行くのは緊張しますし、抵抗があるかもしれません。 ただ引越の挨拶は、一応礼儀ですので、行うことが望ましいでしょう。 先に住んでいる方たちへ、お願いしますという気持ちを込めて挨拶をするといいですね。 特に一戸建ての場合は、ご近所と長い付き合いになりますから、忘れないように挨拶へ行きましょう。

ご近所への挨拶は、一般的に向こう三軒両隣というように、両隣の家と、向かいの家には必ず行きましょう。 裏の家も行くといいですね。 生活する上で何かと関わりがあり、迷惑をかけることもある範囲ですので、挨拶は大切です 特に小さな子供のいる家庭では、泣き声や遊び声など響くことも多いので挨拶の範囲は広げた方がいいでしょう。 マンションの場合は、両隣と上下の部屋へ挨拶に行くのが基本です。 自治会や町内会があれば、会長さんのお宅にも挨拶を済ませておくといいですね。

挨拶へ行くときには、ちょっとした贈答品を持参します。 相手に気を遣わせないように、500円程度のタオルや石鹸、お菓子などにするといいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ