イメージ画像

引越しの荷造りのコツ

引越しの際の荷造りは苦労しますよね。 荷造りをスムーズに進めるコツはあるのでしょうか。

引越しが決まったらすぐに始めたい荷造りですが、仕事が忙しいとなかなか取り組めません。 引越し前夜に徹夜で荷造り作業をするなんていうことがないように、引越当日の2週間前くらいからは始めたいものです。

荷造りは、普段使わないようなものから取りかかるといいでしょう。 シーズンオフの衣類などから始めるとスムーズに作業ができます。 荷造りが進み、段ボール箱がいっぱいになると作業にも生活にも支障があるので、事前に段ボール置き場を決めておきましょう。 ひとつの部屋を段ボール置き場と決めて、きれいに積んでいくと作業が捗ります。 段ボールを運びやすく、また積みやすいように、軽いものは大きな箱に、重たいものは小さな箱に詰めるようにしましょう。 もし詰めた段ボールに隙間がある場合には、中身の破損を防ぐためにも新聞紙等で隙間を埋めましょう。

大型の家具や家電は引越業者が専用の資材で梱包してくれますので、そのままにしておけばいいでしょう。 引き出しなどの中身は出しておくのが基本です。 ただクローゼットの中身など、ハンガーにかけたまま運んでくれる業者もありますので、事前に確認しておくといいですね。

段ボール箱には詰めたものを大まかに記入しておくと荷解きの際に便利です。 引越し先ですぐに使いたい食器などの台所用品や、お風呂用品などは目立つ印をつけておくといいでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ